STAFF BLOG

シエルで出しているコーヒーの紹介

シエル-コーヒー

こだわりの自家焙煎コーヒー

こんにちは、スタジオスタッフの中山です。

自由が丘CIEL(シエル)では、生豆から自家焙煎したこだわりのコーヒーを、スタジオにサービスとして常備しています。

おかわり自由で、なくなったらスタッフが新しく淹れるのでお気軽にお声掛けください。

現在そのサービスコーヒーは、5種類のコーヒー豆を日替わりで出しているのですが、今回はそのラインナップをご紹介します。

 

1、ブラジル豆最高等級「ブラジルNo.2」

一つ目は、その名の通りブラジル産のコーヒー豆、ブラジルNo.2。

No.2とは、コーヒー豆とはそもそも、各国ごとにそれぞれ設けられた選定基準で豆の等級分けがされているのですが、

ブラジルでは数字が低いほど等級が上がり、No.2が最上ランクに当たります。

なぜ1ではなく2が最高なのかというと、農作物である以上欠点のない完璧な豆(=No.1)は存在しないという考え方に基づいて、No.2が最高ランクとされているのです。面白いですね。

味わい(個人的な主観)

5種類のラインナップで1番癖がなく飲みやすい味だと思います。酸味もほとんどなく、誰に出しても美味しいと言われます。個人的にも1番好きな豆です。

 

2、南インドからやってきた「インドポアブス農園ナチュラル」

二つ目は、インド産の豆、インドポアブス農園ナチュラル。

ポアブス農園とはそのまま豆が取れた農園の名前で、南インドのネリヤンパティ丘陵という、インド国内でも標高の高い寒暖差の激しい地域に位置しています。

寒暖差の激しい土地では、身が引き締まった良質なコーヒー豆が取れると言われているそうです。

味わい(個人的な主観)

若干甘みがある味わいです。深めのローストが合うかなと思います。

 

3、アフリカなのに雪?「ウガンダ アフリカンスノー ルウェンゾリナチュラル」

3つ目の豆は、アフリカ、ウガンダ産の豆、ウガンダアフリカンスノールウェンゾリナチュラル。

アフリカンスノーというネーミングが気に入って仕入れた豆なのですが、

実はこの豆、アフリカ大陸では珍しい雪の積もる山、世界遺産にも登録されているルウェンゾリ山で取れた豆なんです。

この地域復興の資産を獲得するために、品質を極限まで向上させて作られた豆とのことで、これは美味しくないわけがない。

味わい(個人的な主観)

少しフルーティな香りがありとてもコクがあります。チョコレートなどの甘いものに特に合う味です。

 

4、農薬を使っていない土地で作られたオーガニック豆「東ティモール レテフォホ ゴウララ 3B」

4つめの豆は、近年インドネシアから独立した東ティモールで作られた豆、「東ティモール レテフォホ ゴウララ 3B」。

そもそも国自体が近年になって開拓発展してきたという歴史から、農薬が史上一度も使われたことのない土地で作られた、完全にクリーンなオーガニック豆です。

味わい(個人的な主観)

とにかくクリアですっきりしていて飲みやすく、上品な味です。お客さまから美味しいと言っていただいた回数も1、2位を争う、人気の豆です。

 

5、超希少豆「グアテマラ FSHB サンディゴ ブエナビスタ農園」

最後の豆は、アメリカ大陸グアテマラよりやってきた、グアテマラ FSHB サンディゴ ブエナビスタ農園。

名前にあるFSHBとは、1番目に紹介したブラジルNo.2と同じで、グアテマラ基準で設けられた豆の等級のことです。

グアテマラ基準で最高ランクに当たるのがSHB。その中でも、特に高品質とされる一部の豆にしか与えられない特別等級がFSHBで、グアテマラで最も希少価値の高い品種の一つです。

味わい(個人的な主観)

酸味がありますがとてもすっきりとしていて飲みやすく、東ティモールと並んで美味しいと言っていただいた回数1、2位を争う人気の豆です。

 

5種類全てが希少価値の高いスペシャルティコーヒー

以上の5種類が現在のラインナップになっております。

実は5種類の豆とも、世界中何千種類もあるコーヒー豆全体の中で、トップ5%に入るスペシャルティコーヒーと呼ばれるグレードの豆なんです。

そんな自信を持ってオススメできるコーヒーを、シエルでは日替わりでお出ししており、お代わり自由、無料で提供させていただいております。

シエルを撮影で使っていただいた際には、ぜひコーヒーの味も楽しんでいただき、撮影合間の息抜きや、会話に花を添えられると幸いです。

 

今回紹介したコーヒーを出しているスタジオシエルの詳細ページはこちら。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

Twitter

ページ上部へ戻る